スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【帰省・東京】ペンタくん初めての新幹線

帰省してから、すっかり日常に戻ってしまいました。
大阪に戻って1週間以上経つんですねぇ。

帰省時は、最寄りのJRの改札口で手回り品の運賃270円を支払って、キャリーバッグに札をつけてもらいました。
これで新幹線を含むJR全線に乗せられます。

在来線区間は10分程度なので、顔を見える状態にしてキャリーは手で担ぎました。
駅でペンタくん
ペンタくんも大人しくしています。

新幹線の指定席で足下にキャリーを置き、フタも閉じて暗く静かにしておきました。
このまま大人しく寝てくれるかなぁ・・と、くつろごうとした途端。
「ミー」「ミャー」と、か細い声が。。

顔が見えないと不安なのかと思って、上フタだけ開けたら・・・
IMGP6967_convert_20120113232313.jpg
出さんかえぇぇぇ。

出せません!(笑)
とりあえず、上フタを閉じて横フタを開けてお膝の上に乗せました。
顔を見ながらなだめてると、すっかり大人しくなったので一安心。
幸運にも横の席が空いてたので、ゲージを席に置かせてもらってゆっくりくつろぐ事ができました。

鳴き止まなかったらデッキに移動するつもりでしたが、お子様連れが騒がしくて周りは猫の存在に気付かなかった模様。
お父さんお母さんは本当に大変ですね。

実家に着いてから、早速ゲージを組み立てて(簡単!)ペンタくんも、すぐに馴染んでくれました。

実家でペンタくん
狭い。けど問題なし。

お出掛けする時と寝る時はゲージに入ってもらって、それ以外の時はお部屋で自由にしてもらいました。

あまり人見知りもしないし、移動も問題ないし。
また機会があれば、一緒に旅したいねぇ。ペンタくん。
スポンサーサイト

ペンタくんと帰省

年末年始はいつもと変わらずお仕事でしたので
ちょっと世間とはズレたお正月休みをとって、東京に帰省してきました。

帰省にあたって、ペンタくんを連れて行くかお留守番させるか本当に悩みました。

キャッテリーさんが我が家にペンタくんを連れてきてくれた時、車で1時間弱の距離でもキャリーの中で鳴きじゃくってたのに3時間の電車の旅に耐えられるんだろうか・・・。

突然お部屋が変わるのもストレスかもしれないし。
でも、2泊3日。お留守番させるのも寂しいだろうし。

悩んだ挙げ句、万全の態勢を整えて一緒に旅する事にしました。

まずはキャリーバッグ。



見た目のカジュアルさと機能性(メッシュのぞき窓、ペットシーツが巻ける底板)で選んだのですが、使い勝手は良いです。
ただソフトタイプなので、現在3キロのペンタくんでも少しへしゃげます。
更に大きく化けたら、ハードタイプが必要になるかも。。

実家でのペンタくんのおうちは、折りたたみタイプの1段ゲージにしました。


犬用(笑)もちろん猫にも使えます。

持ち運べるテントタイプも考えたのですが、荷物が増えるのが面倒で。。
これなら必要ない時は折り畳んで置いておけるし、組み立ても簡単だし。
何より安い!
購入して実家へ直接配送しました。

普段のお留守番では2段ゲージを使っているので、だいぶ狭いです。
デオトイレとベッド、水&ごはん容器を入れたらいっぱいいっぱい。
結果的には大丈夫だったし、安心して外出もできました。

ペンタくんの旅行記は、また。
プロフィール

バケペン

Author:バケペン
【ペンタくん】
2011年8月25日生まれ
ブルータビー&ホワイト

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
  
検索フォーム
リンク
バケペンおすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。